庭木の剪定

バラの誘引 ~アーチ編~

バラアーチへの誘引作業。ビアンヴニュ×コーネリア 四季咲きSCLの場合、多少面倒でも一度ほどいて、しっかり剪定してから再誘引します。誘引できる充実したシュートがある場合は古くて良いシュートがでていない枝を根元から切って新しいシュートと替えてやりましょう。何年も同じ枝を使っていてはいずれ良い花枝をつけなくなり、見苦しくなりますし、なかなか新しいシュートが出てきません。可哀そうに思っても古い枝は早めに切ってあげましょう。

投稿者:名古屋西 投稿日時:
愛知県:花ごころ

デルバール“ビエ・ドゥー”

“ビエ・ドゥー” パッと見は明るいピンク。でもよく見ると白いシャドーストライプが入り個性的。優しい花色は“ビエ・ドゥー”=「恋文」という意味からも納得です。 口下手な男性でもこのバラをテーブルに飾っておけば、想いを伝えられますね。

投稿者:名古屋西 投稿日時:
愛知県:花ごころ

バラの消毒

バラの消毒は予防が大切です。病気になってからの治療散布と予防散布とでは散布回数が違います。 また、効果的な消毒のやり方は、日が出てるときではなく、日が沈んでから。葉っぱの上からでなく、葉っぱの裏へ。 少しでも消毒の手間を減らすために予防消毒を心がけましょう。

投稿者:名古屋西 投稿日時:
ガーデングッズの組み立て、取り付け

誘引作業 着々と・・・

春の開花に向けて、バラの誘引作業も大詰めを迎えております。 バラの仕立てものはほとんどがショートクライマータイプ。 2m以下のアーチやオベリスク、トレリス、フェンス等ならショートクライマー(半つる)を選択するほうが四季咲き性が強く、サイズもちょうど良いと思います。

投稿者:名古屋西 投稿日時: