2014年03月04日(火)

エコガーデンについて

戦後の復興の日本を経験し「もったいない」を大事にされてきた方々にとっては、わが身を削って、我慢される姿は心痛いぐらいです。しかし、便利な暮らしに慣れきった私たちは今、暮らしを見直す絶好の機会であるかもしれません。

私の家では、この暑いさなかリビングのエアコンは今年一回も点けていません。90歳近いおばあちゃんも一緒に暮らしておりますが決してやせ我慢ではありません。我が家には、「ポーチガーデン(庇)」がつけられ、熱線約50%カットのポリカーボネート屋根になっています。50%は簡単に言うと半日陰と言うことでもあります。そしてその上に、約90%遮光のクールシェード(日除けシェード)のシートを屋根の上にかけて、簡単な「重石」で固定しています。

まだまだあります。ガーデニングで4年近くかかりましたが、そのポーチの下を「アイスバーグ」と言うツルバラを一面に這わせました。植物の葉は水を含んで、その先を涼しくしてくれます。

そしてデッキでは、空からの暑さと照り返しの暑さがあります。デッキは間伐材を利用した木に時間をかけて高温処理し、水と栄養分を抜き半ば炭のようにした「タンモクウッド」のデッキです。天然木でも硬い木は熱を持ち熱くなりがちですが、このデッキは熱を持ちにくいので過ごし易くなります。

庭先は塀をやたらせず、本物の木のように見える「エバーアートウッド」でスリット状に建てたフェンスにすることで空気が通ります。また景色の良い方向には、2重になったメッシュフェンスの植物が絡みやすい「トレメッシュフェンス」で囲い、そこにはツルバラや、今何と家内が丹精込めて?育てるカボチャがいくつかなり、荒っぽく言えばジャングルのようです。風の道をつくり、落葉樹を中心に樹木を植え木陰を出来る限りつくり、また我が家では家庭菜園をほんの猫の額ほどですが、皆でやっています。こんな姿、どこかで見たこと有りませんか? 昔の日本の暮らし方です。

日本家屋、そして日本の庭に海外の暮らしの手段を無理やり入れてしまったことの弊害がこのようなときに出てきたのかもしれません。
今できること・・・それは経営も、暮らし方も、このエネルギーそのものの考え方も、基本から見直せるこんなチャンスはないと思います。私たちは季節や自然に恵まれた日本人なのです。