2014年02月19日(水)

5thROOMにつながるビオガーデン

ビオトープという言葉をご存知でしょうか・・・。ドイツ語で「生物が生きる(生息できる)空間」という意味の言葉です。ドイツでは戦後、廃墟に自然を戻そうということでビオトープ法が作られました。森を戻し、植栽は多植生にして必ず地域に住む動物や鳥や虫のための地域植生を大事にした設計をしています。

一方、日本の森はスギとヒノキだらけになり、そこは落葉系のものが少なくなりました。腐葉土の元になる枯葉がない山は、微生物の発生も少なく、命の連鎖が元から閉ざされた状態になっています。その山には保水効果もなく、土はやせてきて、時には鉄砲水がおきるようになってしまいます。

自然を取り戻すために、川をわざと蛇行させ、葦を植えて自然浄化させる仕組みを取り入れたり、いろいろな生き物の生きる空間を川岸など各所に設けたりしています。その命の連鎖という基本が危機的な状態の中でドイツではビオトープ法を緑の党が支援し生まれました。

その基本は水辺です。いわゆるオアシスを作るということです。すべての生き物の基本である水辺は、命の連鎖をつくっていきます。その中で人が囲って庭での暮らし、幸せなエデンをということで「ガウエデン」・・・いわゆる「ガーデン」を楽しみ、その基本をビオトープと結び付けて地域の命の絆を取り込む設計がビオガーデン(タカショーが提唱する造語です)という考え方に当たります。

庭を設計して植樹をするときには、地域に住むための樹を選び、また植物を選び、生物の水飲み場や簡単な自然風の池を作る・・・。もちろんそこには人が見て景観がきれいでないといけません。そこに自然をそっと持ち込んだ風景の池。そして水は浄化するために人で言う心臓部に当たるポンプを入れて流れをつくり、ろ過、浄化しながらそこに水辺の植物や魚の住み家を作るとさらによくなります。

ヨーロッパでは「鯉センター」という鯉の売っている専門店があり、こよなく愛されています。日本の里山や自然の美しさと同じようなものを、ヨーロッパの方々は楽しんでいます。日本人としての歴史や文化や暮らしの本質に戻って考えないといけない時期に来ているのではないでしょうか。

エコをテーマにその価値をうたっていく長期住宅の良さと、人々にとって本当の住まいとは何かを、もっと伝えていきたいと思います。