2014年02月17日(月)

スマートハウス

昨今の電力事情や省エネからスマートハウスという言葉が盛んに話題になっています。スマートハウスは住宅内の情報を消費者のコントロール化で地域社会と共有する仕組みで、その情報を基にエネルギーなどの需要と供給情報を活用し、賢くエネルギーが使用、制御される仕組みがスマートハウスでです。

このスマートハウスにはスマートメーターが必要で総合的に利用されると、エネルギーの最適化、快適な住居環境の実現、そして新たな付加サービスが実現していくようです。

ここで大事なのは、外部空間との関係です。数字には表せないが、家の中を風が通り、落葉樹木が日陰を作り、冬の日差しを通し、またビオトープや水辺で自然の環境を作り、ひさしを設けることにより、日陰とその下でのリビング空間になり、その5thROOMでの暮らす時間が省エネにもつながります。

外の断熱のようにクールシェードというヨシズ効果のようなのを取り付けるだけで、7度近く温度が下がります。水を含んだ植物を植えることによりさらに、直射日光の照り返しも少なく、特にグリーンカーテンなどは心地よく季節をかもし出します。

このように、スマートハウスの効率性をコントロールするようなものには、経済性を計算した設計の高気密高断熱や多種多様な技術はありますが、大事なのは暮らしの楽しさ、快適性、また自然にやさしい暮らし方や環境に配慮した考えが大事です。縁側での夏のそよ風に触れながらスイカをほうばり、風鈴の音を楽しむ。金魚が睡蓮鉢で涼しそうに睡蓮の葉の下で姿を見せ、団扇がゆっくりと時をあおぐ。屋内の暮らしと屋外の暮らしを一つの部屋にすれば、そこは5thROOM(五番目の部屋)として、最高のスマートガーデンとハウスのスマート家庭(ハウス)を演出できると思います。

目的ばかりに目をとらわれて、人としての大事なものをなくさないスマートハウスの考え方であって欲しいと願うこの頃です。