2014年02月12日(水)

ローズガーデン2

昨年のバラのシーズンには、多くの場所でバラを中心としたガーデニングフェアーが開かれました。西武ドームでは「国際バラとガーデニングショウ」が盛大に開かれ、また、九州のハウステンボスでは100万本のバラの花が飾られ、自慢の地植えのバラも公園やホテルに所狭しと並んでいました。何キロもある運河沿いに垂れるように咲き誇るつるバラや、アート風の大きなオベリスクやアーチのある宮殿を背景にしたバラの花の香りや色や姿に酔いしれるようにたくさんの来場で賑わっていました。

そんな時期に我が家の花々も咲き誇っていました。7年前の秋にバラの苗が届き、その日から家族の生活まで一変しました。土作りから、毎週のように家内と二人でガーデニングの日々が続きました。何気ない土や排水、日当たり、風通しを気になるようになりました。そして2年目には大きく伸びたバラを、まるで自分の絵のようにテラスの下に針金誘引していきました。そうすると、あっという間にアイスバーグの白い花々と甘い香りに満ちるテラスガーデンの空間が完成。その足元の宿根草や短年草の花々。

すべての植物は季節がくると芽を出し、葉をつけ、花を咲かせ、やがて落葉し季節の彩を感じさせてくれます。風が通り、その香は人々に癒やしをもたらせます。

この癒やしをもたらしてくれる条件がこの五感の庭です。人間には嗅覚、触覚、聴覚、味覚、視覚と五つの感覚が備わっています。これに、機能や便利や快適なエクステリア商品を組み合わすことにより、見違えるようなすばらしいガーデン空間に変わります。無機質なカーポートは私から見ると最もすばらしいバラのための骨組みとして使えます。とげの弱い方はモッコウバラ、香りを求められる方は、香り高いつるバラはいかがでしょうか。

このローズガーデンでは、体が持つ全ての感覚機能を有効に使い、植物をもっと身近に楽しむことができます。自分で丹精こめて育てたバラや植物だと家に帰っての感動がひとしお。みなさんも挑戦してみてはいかがでしょうか?