2014年02月10日(月)

ローズガーデン

第15回国際バラとガーデニングショウが昨年も西武ドームで開かれ、私たち庭チャンネルも出展させていただきました。会期中の2013年5月11日(土)~16日(木)6日間の間になんと22万人近い方々が訪れ、会場は熱気に包まれていました。たかだかバラ・・・しかし、このバラが何ともガーデニングに興味を持たせます。

私も以前は「バラがきれい」とか「バラに夢中になって」という言葉を耳にし、何がここまで人を惹きつけるのかと感じていたのですが、いざ自分も始めて、よくわかりました。私のガーデニングの話なのですが、家を建て、庭を造ったときに、もう問題は始まっていました。バラにとっての命は、まず土がすべてと言ってよいと思います。もちろん、排水や日当たりや風通しなどの条件が必要です。そして、壁を伝わらせたり、垣根に這わせたり、テラスに絡ませていったりとそれは創造的に、また病害虫や管理にも気を使います。花の咲く季節が来ると、そのおかげで香りよい花をいっぱいつけた時の感動は誰かに感じてほしい、見てもらいたい、また夫婦で味わいを共にし、そして、花の季節になると毎日何回と同じ狭い庭でも眺める・・・そんな季節の感動がバラかもしれません。

毎週日曜日には、針金と、ビニール帯を持ち、テラスの下にバラを伝わらせながら、添わせながらと、いつしかテラス一面の屋根がバラのツルで覆われてしまいました。庭先では、バラを主役としたときに脇役となるジキタリスやルピナスなどの宿根草(しゅっこんそう)を混植し、季節になると、まるでイングリッシュガーデンの写真集にでも出てくるかのような風景が演出できます。そういった意味ではこれまでの日本にないような新しいガーデンの有様を作ることができます。

この庭造りで学んだのは、庭は買うものでもなく、形づくって終わるものでもなく、時間をかけて夫婦で一緒に造りこんでいくことが、こんな幸せな庭の暮らしを一緒に作れるとてもすばらしい時間になりえることをこの庭造りで学びました。ガーデンは自然と人との調和を保ちながら、大切なことは季節ごと、年を重ねるごとにその表情が変わっていくという自然観であり、それに庭造りをする人も時間もとても重要となります。そのすべての基礎となる庭の設計の基本は土木であります。

家内と石やセメントの塊、また山土を掘り返し、家との境から2年かけて土作りからしたガーデンは、本来なら専門の方と家を建てる前から、狭くとも夢を育てる庭の設計はぜひとも事前に指導していただき、家庭菜園やバラ、花壇、山木、宿根草、そして花作りなどの趣味を仕掛けておいてもらえば、そのガーデンのデザイナーさんには、一生のお付き合いの中、その出会いに感謝し、家と庭の幸せな暮らしを提案していただき「ありがとうございました」を持ち続けると思います。