庭木の剪定

剪定とは

樹木の生育や結実を調節したり、樹形を整えたりするため枝の一部を切り取ることを言います。

自生している木々は、ほとんど手入れをしているわけではないのに大きく育って、花を咲かせたり、実を付けたりしています。なぜ、庭木は手入れが必要なのでしょうか? それは生えている場所の違いです。庭木は、もちろん庭に植えてありますので、限られたスペースで育てていかなくてはいけません。そのため、庭木同士で日光を取り合って枯れてしまったり、枝が伸び放題で病気になったりすることを防ぐ必要があります。

剪定は、庭木にとって必要不可欠なお手入れのひとつなのです。

剪定とは

切り方のポイント

芽の位置に注意して切りましょう。

  • 切り方のポイント1
  • 切り方のポイント2
  • 切り方のポイント3

剪定の場所と切り方

一般的な剪定方法です。

剪定の場所と切り方

お近くの庭チャンネルメンバーをご紹介いたします

加盟店 39 社(11/19現在)

未来を考える学生のためのキャリア形成コミュニティ 未来を考える学生のための
キャリア形成コミュニティ
庭チャンネルは国際バラとガーデニングショウの主催者展示に出展しています