Niwa Channel Blog

2015.04.06 Mon

バラに合う植物③

こんにちは!

札幌は例年よりも雪が少なかったので、ほぼ雪は消え去ってしまいました。

雪解けが早いと庭仕事のスタートも早くなり

色々と焦る日々を送っております(^_^;)

 

さて、今回は3回連続でご紹介している

「バラに合う植物」の最後の回となりました。

 

①オルラヤ、②ペンステモン、と続き今回はその③。

 

「リナリア プルプレア」のご紹介です!
リナリア

リナリア

ゴマノハグサ科の宿根草です。

「宿根リナリア」という名でよく出回っています。

草丈は1mほどで、小花が穂状に咲きます。

宿根リナリアは主に、紫・ピンク・白・黄 系の花色で

どの色もナチュラルな感じを味わえます♪

 

バラ&リナリア

 

花の雰囲気が優しいのでバラの花色と同系色でまとめても、

逆に黄色・オレンジ系のバラと紫のリナリアといったような

補色の組み合わせでも、センス良くまとまります。

 

リナリア W

こんな風に同系色でボリュームを出す植え方をしても美しいですよね☆

 

今回はオルラヤ、ペンステモン、リナリアとご紹介しましたが

この3種類に共通するのは

草姿の線が細く、風に揺れて動きが出る

という点だと思います。

 

バラ単体でももちろん美しいですが、こういった動きが出るものと

組み合わせると空間に広がりが出来て、より美しいものに仕上がります。

 

もちろん、バラの花が終わって葉だけになってしまった時に

カバーしてくれるという理由もはずせませんが・・・

 

まだまだたくさんのバラに合う植物がありますが

組み合わせのポイントは

存在感のあり過ぎるもの、色味が強すぎるものは避ける

という点だと思います。

 

あくまで、主役は「バラ」ということを忘れずに選ぶと

チョイスミスをしなくてすむと思います(^_^;)

 

きちんと植えるものを計画して

素敵なバラと草花が咲き乱れる庭をつくりましょう!!

 

 

庭チャンネルTOPページへ戻る >>

2015.04.01 Wed

バラの芽かき作業

今時期はバラたちの新芽もすくすく育ってきていることと思います。

今回はブラインド枝(勢いがなく、花が咲かない枝)を減らしてより花をたくさん咲かせるための「芽かき」作業の様子をご紹介♪

去年ブラインドした弱々しい枝、枯れこんでしまった枝は冬の剪定で根元から切り取ったかと思いますが、その根元部分を見てみると・・・

バラの芽

たくさん芽がでてきてます!

芽がたくさん出てきてくれるのは嬉しい限りですが、これだけたくさん芽があると栄養が分散して、最悪全部ブラインドしてしまう恐れもあります。そこで、「芽かき」が必要になってくるというわけです。

やり方はとっても簡単♪

余分な芽を手やハサミの先端でそぎ落としてあげます。

注意点としては、ハサミで切り落とさないこと。根元から切ったつもりでも、意外と芽の芯が残っていて、再び芽吹いてしまうことがあるからです。

それを踏まえていざ実践♪ どの芽を取って、どれだけ残すの?

枝を伸ばしたい方向にある芽や一番プックリしてて元気な芽だけ残して、一カ所に1個、多くて2個芽があるようにします。
新芽は手で取る

これをやっておくだけで結果として花数も増えますし、花後の剪定もやりやすくなります。

芽かき

絶対やらなくちゃいけないわけでもない「芽かき」という作業・・・でも次の冬には剪定作業でどこを切るか悩まなくても良いくらい楽チンになっているはずです。

庭チャンネルTOPページへ戻る >>

2015.04.01 Wed

サービス対応エリアを拡大 ─ 香川エリアを追加

日ごろは、「庭チャンネル」をご利用いただきましてありがとうございます。

庭チャンネルのサービス対応エリアに香川を追加しました。

香川エリアでお庭の困ったことがございましたら
庭チャンネル香川までお気軽にお問い合わせください。

庭チャンネル香川

庭チャンネルTOPページへ戻る >>

アーカイブ